ダブルワークにおすすめの看護師単発求人とは

看護師求人 → 一度きりの看護師求人はある?

一度きりの看護師求人はある?

看護師という仕事は国家資格が必要な資格ということもあり、基本的な給料が高く設定されています。しかし、本業の他にダブルワークを行っている看護師も珍しくないようです。

本業が忙しいのにダブルワークをするなんて難しいと思ってしまうかもしれませんが、一度きりの単発の仕事であれば無理なく行うことができるのではないでしょうか。

本業では思ったほど稼ぐことができず、できればもう少し稼ぎたいと思っている場合も単発のお仕事がおすすめです。

もちろん、毎日残業や夜勤で忙しく働いている看護師の場合、ダブルワークをするべきではありません。 ダブルワークのせいで疲れてぼーっとしてしまい、本業で大きなミスを犯してしまったということになれば患者さんの命に関わる事態になってしまうこともあるからです。
准看護師の求人の特徴は?

ダブルワークがおすすめなのは、日勤のみで夜勤がない病院やクリニックで働いている看護師です。 具体的にどういった単発の仕事があるのかというと、献血、訪問入浴、介護補助などが挙げられます。

これらの求人情報はハローワークなどでは紹介されていないので、看護師専門の求人サイトを活用して探しましょう。単発の仕事は求人数がそれほど多くないということもあり、看護師に強い転職サイトや求人情報サイトでしか情報を見つけることができません。

単発の他にも、アルバイトとして、派遣として、という形で様々な働き方があるので、一度単発の仕事をしてみて体力がもちそうだと思った場合はアルバイトを始めることを検討してみてもいいですね。

それから、単発の仕事は副業としてだけではなく、ブランクに悩んでいる看護師が職場復帰するまでのスキルアップとして活用するのもおすすめです。看護師資格が必要になる仕事は、例え単発だったとしても時給が1500円以上になることが多く、中には時給2000円以上になるところもあります。

特に高単価が期待できるのは夜勤の仕事なので、大きく稼ぎたいと思っている人は夜勤の仕事を探してみましょう。

看護師とパート求人

看護師さんの求人を探してみると、アルバイトやパートの求人も少なくありません。看護師の職業に就いてるのは女性がほとんどのため、ご家庭の事情を抱えている方もとても多いです。

例えば結婚や出産を機に一旦退職しても、家計を助けるために再び働く必要があったり、子供を引き取って離婚したけど面倒を自分でみなくてはいけなかったり、中には親の介護をしている看護師さんもいるわけです。

このように看護師としてバリバリ勤務したいけど、どうしても仕事を選ぶ幅が狭まってしまうというのはよくある話です。

上記のようなケースでは、パートとして看護師勤務をするというのも良い方法です。自分の生活に合わせて働き方を選択する事ができます。夜勤だけ選択したり、日勤専門でパート求人を探したり、短時間だけ業務にあたったりと、働き方も様々です。

とはいえもしかしたら、正職員の看護師ではないという事で、不安もあるかもしれません。看護師チームに溶け込めるか、職場から浮いてしまうのではないか、時給は良くても希望時間通りに仕事が出来るのか、突然やめさせられることはないのか、1人で求人を眺めていると、様々な不安が頭をよぎることもあるでしょう。

このようなときには転職に強いコンサルタントのいる、転職求人サイトなどを活用するのがオススメです。転職サイトでは無料で登録でき、条件に合った求人を見つける事ができますし、担当のコンサルタントがその人に合った仕事を紹介してくれます。

抱えている悩みの相談に乗ってもらうこともできますし、面接対策などのサポート、転職希望先の施設との条件交渉なども、コンサルタントに行ってもらえます。そして何よりコンサルタントは、転職に関してはプロフェッショナルです。

医療施設の現場に足を運んで情報を常に集めているため、その施設の雰囲気やスタッフやドクターなどに関しても詳しく知っています。ですからその施設がどんな職場なのか、どのような現状なのか、表からでは解らないことも知る事が可能になるのです。

転職サイトに登録すると、登録前では見られない多くの情報をチェックする事ができますので、少しでも条件の良いパート求人を見つけたい場合は、看護師専用の転職サイトを利用してみて下さい。コンサルタントは転職成功のためのサポートを色々提案してくれます。

ブランクがあって不安な場合は、相談する事で解決法をアドバイスしてくれますし、少しでも求職者が働きやすい方法を模索してくれるので心強いです。 せっかく苦労して取った看護師資格ですので、すこしでも有効に活用できたらいいですよね。

看護師の働く保育園

看護師の職場を想像したとき、思い出すのは病院やクリニックなどの医療施設でしょうか。ですが実は、保育園も看護師の職場として挙げられます。保育園といえば保育士の職場というのがセオリーですが、看護師さんがいる保育園というのも最近増えてきました。

乳児や幼児というのは突然熱を出したりもしますし、驚くような行動に出て怪我をすることもあります。そんな時に子供たちのケアをしてもらうため、保育園では看護師さんを常駐させています。ですから保育園に勤める看護師さんのお仕事は、普段の看護師業務と変わりはありません。

日本では少子化が社会問題になっています。ですが夫婦共働きのご家庭も増加しているのが現状のため、保育園は常に不足状態です。

ワーキングママさんの働き方もそれぞれですので、一般的な保育園のサービスでは賄いきれていないのが現状となっています。認可保育園を始め、無認可保育、特定保育、一時保育など、提供されるサービスも、ニーズに合ったものが増えてきました。

公立の保育園、私立の保育園以外には、NPO法人であったり、一般企業であったりとさまざまですが、看護師さんを抱える保育園などは経営に余裕のある企業が運営している事が少なくありません。

母親の立場から見ると、保育園に看護師さんがいてくれるというのは、何かあった時に安心できます。他の保育園と差別化を図りたい保育園などは、ぜひ看護師に常駐してもらいたいものでしょう。

報酬面に関しては、残念ながら病院勤務よりは少な目となっていますが、大手企業運営の保育園などは、安定した月給が期待できます。保育園では夜勤などがないのも大きなメリットですし、命に関る業務に毎日追われている、といった状況での仕事でないのは、心にも体にもストレスが少ないのでは、と感じます。

お勧めできる方は、やはり子供がお好きな看護師さんです。子供の頃は保育士になりたかった、という方にもお勧めしたい職場となります。

勿論気をつけたいこともあり、保育園というのはその園によって方針が違うため、転職する前に保育園の現状を知っておきたいところです。研修制度などがある保育園があればぜひ飛び込んでみてください。

一般的には正社員としての求人がメインですが、派遣やパートなどで募集をかけている保育園もあります。効果的に保育園の求人を見つけるためには、転職サイトに登録し、コンサルタントに相談に乗ってもらうのがベストです。

雇われる形態が看護師だとしても、保育の業務を全くしなくてもいいということではありませんので、自分にそれが合っているかどうか、第三者視点でチェックしてもらうことも重要になります。真剣に転職活動を支えてくれるコンサルトのいるサイトを見つけ、ぜひ登録してみて下さい。